浮気相手(夫の愛人)への対処方法

信じていた夫による浮気が発覚した場合、夫を責める女性が多いと思います。しかしながらそれで関係が終わるという確証は得ません。たとえ夫が謝罪をし、二度と会わないと言ったところで、一度壊れた信頼関係において直ぐに相手を信じることはできません。そもそも妻に嘘をついて浮気をしていたのですから、また嘘を重ねることだってあり得ます。

 

もし夫は信じられずともまだ夫婦関係を続けたいのであれば、夫ではなく浮気相手に対し何かしら対応をしなければなりません。その際は感情的にならず、まず相手がどのような女性なのか知ることから始めるべきです。浮気相手が会社関連なのか、顔見知りなのか、さらにはどのようにして浮気が発覚したかも重要です。

 

もし浮気相手から不貞行為を示すような内容のメールが送られてきた場合、それは相手からの挑戦状でもあり、ある種逸脱した考えの持ち主でもあるわけです。一般的に不倫はいけないもの、という認識があるものです。昨今ストーカー犯罪のニュースを耳にしますが、不倫関係の終焉でこのような犯罪に走る女性も少なからずいます。このような女性の場合は、自身で対応するよりも浮気した夫本人に状況を説明し、その女性の本性を知ってもらうべきです。また場合によっては弁護士や警察への相談も必要となります。

 

ホテルの領収書を見つけた、疑わしいメールを発見したなど浮気の疑念がある場合は、浮気の確たる証拠をまず入手すべきです。写真は決定的なもの(ホテルに2人が入るところなど)が良いです。その証拠を以って浮気相手へ慰謝料請求や内容証明の送付などが可能になります。
送付するには相手が誰なのかを知る必要があります。顔見知りでない限り、自分で調べるには限りがあるので興信所へ依頼するとスムーズです。証拠写真も集められますので一石二鳥です。
よくある相手へ電話をする、メールを送るなど直接的な接触を試みると、遊びの浮気であれば効果的ですが、真剣な交際に発展していた場合には逆効果で、相手の女性が男性にすがりますます関係が深くなることも否めません。

 

慰謝料請求の場合は通常弁護士を雇う必要がありますが、内容証明の送付であれば個人で作成することが可能です。女性側から別れを告げるよう、内容証明に記載することもおすすめです。とにかく浮気相手のみ、静かに攻撃・・これが重要です。